田舎暮らしは賃貸で、古民家の賃貸で、山林・竹林の賃貸で、格安物件の賃貸で

 

 

 

 

田舎暮らし 賃貸

田舎暮らし 賃貸・・・田舎暮らしは賃貸に限る

田舎暮らし 賃貸 格安

田舎暮らしは賃貸が安全格安大人気

田舎で土地を売却している自分にとっては、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気とは言いにくいが、原発再稼動に向かっている今の日本では、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気と言わざるを得ない。
原発事故を想定するなら、事故を起こした原発の100キロ圏外へ田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す事が最も重要だから。
もっとも、100キロ圏内に原発が無い場合には田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す必要は無いと思うけど、ちょっとした良い田舎暮らし格安物件などは、ほとんど100キロ圏内に原発が存在している。

火曜日

田舎暮らしは古民家などの格安物件でも購入より賃貸で

古民家の田舎暮らしは最初は賃貸で、しかも格安賃貸で

千葉県で田舎の物件を扱っていると、田舎暮らしに憧れて格安物件の古民家を購入したり、一戸建てを新築したりしたものの、近所にどうにも我慢ならない変人が居るのに気づき、止む無く急きょ引っ越す羽目に陥った人に良く出会う。
この様な話は、千葉県に限らず全国どこの田舎でもあり得る事だと思う。
たとえ古民家の格安物件といえども、購入するとなると大金をつぎ込まなければ購入出来ない。
一戸建ての新築ならなおさらだ。
そんな時にいつも思うことは、賃貸にしておけば良かったのにという事です。
格安で購入した古民家でも、急きょ売却するとなると激安でなければ売れないだろうし、一戸建ても新築といえども、急きょ売却する理由を正直に話せば当分売れないだろうから格安(激安)で売りに出すしかない。
このように、購入した古民家も、新築した一戸建ても急きょ売却するとなると損を覚悟で売るしか無い。
もしも、これがちょっと余裕をもって、憧れの田舎暮らしなのだが、最初は格安物件の古民家などの賃貸で、ちょっと試しに住んでみようと、軽い気持ちで田舎暮らしを始めていれば、どうにも我慢ならない事態に遭遇した場合には、即賃貸借契約を解約して次の場所へ引越せる。
この場合には、賃貸借契約時の敷金、礼金、仲介手数料ぐらいの損害で済む。
田舎暮らしは、その田舎に住んで見なければ分からない事柄がいっぱいあるので、始めは必ず賃貸にしたい。
そして出来れば古民家などでも格安物件の賃貸にしたい。

月曜日

人付き合いが苦手な人の田舎暮らしは古民家の賃貸などの格安物件で

古民家の賃貸などの格安物件で田舎暮らし

田舎暮らしに憧れ、都会での人付き合いのわずらわしさを逃れて、やっと田舎へ引っ越してきたというのに、そこには都会の人付き合い以上のわずらわしい田舎の人付き合いが待っています。
田舎暮らしをしようと初めて田舎へ不動産土地)を購入し、マイホーム新築中に田舎暮らしの煩わしさが分かった人。田舎暮らしのためにやっと新築した新居へ引っ越して来て、田舎暮らしの煩わしさが分かった人。
そして、1年~2年住んでみたけれど、どうしても田舎暮らしに馴染めず、また都会へ逆戻りした人。10年の田舎暮らしで逆戻りした人。
古民家賃貸などの格安物件田舎暮らしを始めていれば、都会へ逆戻りなどあり得なかったと思います。
田舎暮らしHP田舎暮らしと付き合い方(my)より引用

田舎暮らし

賃貸

古民家など補修を始めたらきりがない。
その点、賃貸だと隙間風を止めるぐらいの補修で済ませられる。
田舎暮らしは断然賃貸がおすすめ。
田舎暮らし物件を賃貸するか、田舎暮らし物件を購入するかで迷ったら、断然田舎暮らしは賃貸にするべきだ。田舎暮らしを賃貸にして良かったと思う時が必ず来る。逆に言えば、田舎暮らしを賃貸にしなかったばかりに失敗したと思う時も必ず来る。田舎暮らしを賃貸でという考えは、田舎暮らしは一種の旅の過程という考えから来ている。田舎暮らしを賃貸で転々としても、田舎に永住している事になる。身軽な田舎暮らしをしたいなら賃貸に限る