田舎暮らしは賃貸で、古民家の賃貸で、山林・竹林の賃貸で、格安物件の賃貸で

「スポンサードリンク」

 

 

 

 

田舎暮らし 賃貸

田舎暮らし 賃貸・・・田舎暮らしは賃貸に限る

田舎暮らし 賃貸 格安

田舎暮らしは賃貸が安全格安大人気

田舎で土地を売却している自分にとっては、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気とは言いにくいが、原発再稼動に向かっている今の日本では、田舎暮らし賃貸が安全格安大人気と言わざるを得ない。
原発事故を想定するなら、事故を起こした原発の100キロ圏外へ田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す事が最も重要だから。
もっとも、100キロ圏内に原発が無い場合には田舎の賃貸の住まいからすぐ逃げ出す必要は無いと思うけど、ちょっとした良い田舎暮らし格安物件などは、ほとんど100キロ圏内に原発が存在している。

2017年2月11日土曜日

田舎暮らしは格安物件の古民家賃貸で家庭菜園

農家風の古民家、町家風古民家、武家屋敷風古民家、洋館風古民家の格安物件で賃貸の田舎暮らし

最近になって、日本国内の世界文化遺産登録が急増している現況に刺激されたのか、いきなり古民家の重要性に目覚める市町村が目立ち始めた。
中には、空家の古民家を無料の賃貸で貸してくれる所もある。
東京などの都会暮らしでは、借家にしろ賃貸アパートにしろ、家賃が高いので、ちゃんとした会社とか公務員をやらないと食べていけない。
毎日会社勤めをしながら週休二日ぐらいでは、なかなか家庭菜園も出来ないし、東京などの都会暮らしでは家庭菜園用地を借りたくても、近所で借りるのは不可能に近い。
ところが、田舎の農家風の古民家、町家風古民家、武家屋敷風古民家、洋館風古民家の格安物件で賃貸の田舎暮らしなら、周辺の農家にお願いすれば、家庭菜園用地なら容易に賃貸で借りることが出来る。
水田だって、米作りをしたくなったら、その辺の耕作放棄地の地主に話を付けて、裏耕作で借りれないことも無いそうだ。
田舎暮らしで家庭菜園をやり、米作りまでやれば、年間の食糧費がかなり浮くので、ちゃんとした勤めが出来なくても、何とか食べて行ける。
少額の年金暮らしでも充分生活できるので、家庭菜園から果樹園、牧場へと手を広げ、大酒を飲んだり、一日中タバコをくよらしたり、暴飲暴食さえしなければ、病気にもかかりにくくなり、身体も健康そのもの。
もっと健康でいたければ、無農薬で有機栽培の家庭菜園、無農薬で有機栽培の米作り、無農薬で有機栽培の果樹園などを手掛ければ、健康寿命を遂げられる。
こんな風に、田舎の農家風の古民家、町家風古民家、武家屋敷風古民家、洋館風古民家の格安物件で賃貸の田舎暮らしなら、自分の桃源郷づくりの様な夢のある暮らしが出来る。
ただ、花の東京へ一ヶ月に一度ぐらいは顔を出したい場合の、田舎の農家風の古民家、町家風古民家、武家屋敷風古民家、洋館風古民家の格安物件で賃貸の田舎暮らしなら、東京近郊の千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、山梨県や群馬県、栃木県などがよさそうだ。
特別天然記念物の日本カモシカが生息する東京の奥多摩町や、富士山山麓なんかも田舎暮らしには最高かもしれない。

ロウバイ(蝋梅)

田舎暮らし

賃貸

古民家など補修を始めたらきりがない。
その点、賃貸だと隙間風を止めるぐらいの補修で済ませられる。
田舎暮らしは断然賃貸がおすすめ。
田舎暮らし物件を賃貸するか、田舎暮らし物件を購入するかで迷ったら、断然田舎暮らしは賃貸にするべきだ。田舎暮らしを賃貸にして良かったと思う時が必ず来る。逆に言えば、田舎暮らしを賃貸にしなかったばかりに失敗したと思う時も必ず来る。田舎暮らしを賃貸でという考えは、田舎暮らしは一種の旅の過程という考えから来ている。田舎暮らしを賃貸で転々としても、田舎に永住している事になる。身軽な田舎暮らしをしたいなら賃貸に限る